革の基礎知識

エナメル

 

エナメルとは

エナメルはウレタン樹脂でコーティングをした革の事です

ガラスのようにキラキラと光りを反射し、強烈な光沢が特徴です。

 

皮は「なめし」を経て皮から革へと生まれ変わります

なめしについてはページがあるので一度みてみてください。

その後、染料を使って革に色を付け、油分を与えて柔軟性や手触りを良くする加脂工程に入ります。

この工程が通常の革とエナメルと分ける大きな違いになります通常の革は、革本来の手触りや経年変化を楽しめる染料と油分を与えますが、エナメルは表面にエナメル染料を塗ります

樹脂である油性ワニスと染料を混合した染料で、革の表面をコーティングすることで、光沢耐水性が通常の革よりも強くなります

 

参考

エナメル革は日本の漆塗をヒントに思案され、アメリカでパテント(特許)が取られたことからパテントレザーとも呼ばれています。

ガラスレザーとエナメルの違い

エナメルとガラスとの違いは何なのでしょうか。

エナメルはウレタン樹脂でコーティングをした革の事です。ガラスは合成樹脂でコーティングをされているので、コーティングの種類が異なります。ただ厳密に言えばガラスの定義には樹脂でコーティングされていることは含まれません。しかし多くが樹脂でコーティングされていますので、エナメルとガラスは混合されやすいのです。

エナメルはガラスレザーのように鞣しの際ガラス板やホーロー加工した鉄板などは用いません。またエナメルは革の表面をオイルで処理するものの、ガラス張り革のように削ったりしません。

 

 

エナメルのお手入れ

オススメエナメルのお手入れに適した商品

ブログランキング

皆様のクリックが私の励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Y2工房

カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

-革の基礎知識
-

© 2021 Y2工房 Powered by AFFINGER5