パーツの作り方シリーズ

ショルダーベルト(一本線)の作り方【ハンドメイド】

今回はショルダーベルトの作り方です。

ショルダーベルトと言っても種類が沢山あります。今回は一本線の送りカンを使ったオーソドックスなショルダーと、ショルダーとバックを繋ぐ「カン付け」というパーツを作ります。

 

それでは、バック職人が作る「ショルダーベルト」と「カン付け」の説明に入ります

 

自分でも出来そうなやり方があれば、吸収して自分の物にしてください。

 

工程:ショルダーベルト・カン付け

  • テープの突き合わせ
  • ミシン掛け
  • 金具付け

「ショルダーベルト」と「カン付け」の作り方

今回使う金具は「Dカン×2」「ナスカン×2」「送りカン×1」になります。

テープの突き合わせ

カン付けの具材とショルダーテープ片方に補強テープを先に貼り、ゴムのりを塗ります。


突き合わせします。


ミシン掛け

カン付けとショルダーテープにミシン掛けをします。

「カン付け」と「ショルダーベルト」の金具付け

カン付けにDカンを付けます。

ショルダーベルトは少し長くなるので根気よくみてください。この四角いカンが「送りカン」と言います

テープを送りカン(真ん中)を固定します。まず送りカンにテープを通します。


通したら、先を赤丸のように折ります。


折った所にテープを貼り、そのまま片方のテープに貼り付けます


貼り合わせた所をミシン掛けをします。


もう片方にナスカンを1つ入れます  

ナスカンを入れたらそのまま、送りカンに通します。


次にもう1つのナスカンを通します


ナスカンを通したら次にテープの先をおります。


そのままナスカンを巻き込む感じで止め、固定します。


固定した所をミシン掛けします。

こんな感じで出来上がりです。

You Tube動画「ショルダーベルトの作り方」


You Tubeで撮影したバッグやパーツをベイスにて格安で販売しています

【You Tube撮影】と頭に付いているものが撮影で作った商品です。

また通常販売の物もあります。

それは価格が違うので、お間違いのないよう確認してご購入お願いします。



ワンポイントアドバイス

ショルダーなんかは、折り目を下にして縫います。それは表と裏の糸の太さが違うからです。

上糸と下糸は同じ糸番でも分かりますので、縫い辛くてもスキルアップしましょう。

洋裁の事は私全くわかりません。「鞄職人の作り方は表の物は表で縫う」が基本です。

色々な障害物にも対応出来るよう頑張りましょう。

 

ブログランキング

皆様のクリックが私の励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Y2工房

カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

-パーツの作り方シリーズ
-

© 2021 Y2工房 Powered by AFFINGER5