革の基礎知識

革の基礎知識

主な革の種類

 

牛革

世界で最も多く使われている革。年齢によって区別されております。

  1. カーフ・・生後6か月くらいまでの子牛。銀面は滑らかでキメが細かく、しなやかで傷が少ない。
  2. キップ・・生後6ヶ月~2年の牛。成牛と比べてキメは細かい。
  3. ステア・・生後2年以上。生後3ヶ月~6ヶ月で去勢された雄牛。肥育(肉用動物に、運動をさせないでえさを多く与え、短時日にふとらせること。)させてた雄牛。厚く強い。カーフやキップに比べると、柔らかさと表面のキメの細かさは劣りますが、厚みがある分強度に優れています。主に靴に使われています。
  4. カウ・・・生後2年以上の雄の成牛。牛革の代表的な革素材です。厚さ強度はステアとキップの丁度間で成牛ですので面が大きいバックやジャケットに使われます。
  5. ブル・・・生後3年以上養殖用の雄牛。去勢されずに育った雄は気性が荒いため喧嘩が絶えずキメが粗く傷が多いのが特徴です。

羊革(シープスキン)

独特のシワと手触り、柔らかさが特徴。生後1年未満をラム革、生後1年以上をシーフ革という。

一般的に傷が少なく肌のキメが細かい。

靴、バック、衣料、手袋などに使われています。

鹿革(バックスキン・ディアスキン)

  1. バックスキン・・・牡鹿(オスの鹿)
  2. ディアスキン・・・牝鹿(メスの鹿)

キメが細かくしっとりした肌触り。吸水性や保湿力が高く、また通気性も優れていて蒸れにく臭いも防ぐ性質があります。

印伝加工に使われています。

日本最古の足袋、刀剣の鞘、武器、バックなどにつかわれております。

豚(ピッグ)

薄手で軽く、摩擦に強いピッグスキン。銀面を貫く3本の毛が特徴的です。

靴、手袋、ジャケット、鞄の内装などに使われてます。

ヤギ(ゴート・キッド)

  1. ゴートスキン・・・大人のヤギから作られた革。
  2. キッドスキン・・・子ヤギから作られた革。

手袋、婦人服、バック、財布、靴、ベルトなどに使われてます。

エキゾチックレザー

ワニ、トカゲ、オーストリッチ、象、など珍しい革です。

高級品の靴、ハンドバック、カバン、ベルト、財布などにつかわれます。

馬(ホースレザー)

  1. ホースヌメ・・・天然植物性の鞣し剤のみでなめされた革
  2. コードバン・・・馬の臀部(お尻)の部分だけを使った革です。

コードバンに関しては繊維密度は牛革の3~5倍と言われ、強度耐久性の非常に高いです。

財布、名刺入れ、キーケース、メンズバックなどに使われています。


包丁の基礎

続きを見る

【ハンドメイド】ファスナーの作り方・止具の付け方

続きを見る

ブログランキング

皆様のクリックが私の励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Y2工房

カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

-革の基礎知識

© 2021 Y2工房 Powered by AFFINGER5