革の基礎知識

豚革(ピッグスキン)

純国産の革があるのをご存じですか?豚革の特徴とお手入れについてご紹介します。

豚革とは

豚革とは豚皮を鞣した革です

Made in Japan革があるのをご存じでしょうか。東京特産品となっている革。それがピッグスキン(豚革)です。ピッグスキンは国内生産量9割を担っています。

その他の原皮の多くは輸入品であるのに対し豚革は純国産です。

国産豚革は素材として魅力で肌が綺麗で革が大きいことが上げられています。

西欧でも認められていて高級ブランドにも日本の革が多く使用されています。

豚革の特徴

ピッグスキンは、摩擦に強く、軽量で、耐久性、通気性も優れ、吟面を貫く3本1組の毛穴が特徴的で、表面に3つずつ穴が空いているため見た目で分かります。

汎用性が高く上質な物なら見た目も美しいため、豚革は欧米で高く評価されています。高級素材として世界的な有名ブランドの鞄にも採用されているほどです。一方国内では牛革に劣るものとみなされ事が多く、比較的安価です。

日本人の食文化と深く関わり、日本で100%自給できる天然素材「ピッグスキン」その魅力はすべて国産を実現できること。

豚の種類

  1. ピッグスエード
  2. アメ豚

ピッグスエード

一般的なクロム鞣しの豚革の裏側を起毛させた革。非常に柔らかく厚みの割りに強度がある革です。豚革特有の毛穴が革らしさを感じさせてくれます。

吟面は見えにくいですが、動物が生きている内につけた傷や、スエード面を作るために工程上ムケ傷などがあります。

アメ豚

植物タンニン鞣しの豚革をアメ色に染色してグレージングにより、より艶出しした革

 

メモ

古くは豚の白革に亜麻仁油を塗布し、表面を石で摩擦して仕上げたてました。これが「アメ色」をしている為「アメ豚」と呼ばれるようになったそうです。

 

透明感のある仕上げで、豚革特有の毛穴を浮き出させてくれます。

 

お手入れ

スエードにはクリームは塗れません。ピッグスエードとアメ豚はお手入れ方法が違うので気を付けましょう。

 

ピッグスエードのお手入れ

 

おすすめ記事スエードなどの起毛系のお手入れ

アメ豚のお手入れ

 

オススメアメ豚・タンニンなめしのお手入れにはコチラ

 

ブログランキング

皆様のクリックが私の励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Y2工房

カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

-革の基礎知識
-

© 2021 Y2工房 Powered by AFFINGER5