バックの作り方

【No.23】 豚革のハンドバッグを作り方『型紙無料公開』『作り方』

今回は豚革を使ってハンドバッグを作ってみたいと思います。

私が作るバッグは、帆布やデニムといった生地も使いますが、洋裁職人ではないので、少し作り方が違うと思います。

カバン職人ってこんな作り方するんだ。と、へーへー程度に思っていただけたらと思います。


今回はバッグ職人が「豚革のハンドバッグ」を紹介します



工程

  • 裁断・漉き
  • 縫製(表地)
  • 縫製(裏地)
  • まとめ

用意する具材

  • 表裏の生地
  • 芯材
  • ネジ角カン21mm*4
  • ファスナー5号*1、3号*1
  • ダウンロードした型紙
  • まだの人は、すぐ下のダウンロードを利用ください。注意事項は読んでおいてくださいね。

    型紙無料ダウンロード

    No.23豚革のハンドバッグの作り方

    実際You Tubeの動画に合わせて解説をしたいと思います。

    裁断・漉き

    ①できるだけ型紙に沿って裁断

    ココがポイント

    実際私も作って確認をしていますが、1mmの誤差で厳しくなることもあります。例えばファスナーの額5番なら14mmで図面設計していますが、プリントアウトすると13mmだったりします。12mmになると厳しくなるので、確認をしてください。


    ②漉きは、作業をしやすいように、また見栄えよ良くするために行います。


    縫製(表地)

    持ち手を作る

    いくつかハンドルの動画をご紹介しています。
    今回はヘリ返しの丸手ハンドルです。
    ①補強テープで伸びないようにします。


    ②芯先をカットしておきます。
    丸手の芯は種類があるので、好きな芯をお使いください。


    ③ヘリ返しをして芯をつけます


    ④角カンを挟みます


    ⑤手先のステッチ


    ⑥中央をキメて固定します


    ⑦芯に沿ってステッチします。

    ココがポイント


    モモ(カン付け)・引き手を作る

    ①モモ(カン付け)
    補強したモモ芯に盛芯を付ける



    ②革を貼って、盛芯部分をキメます。


    ③ヘリ返しをします。


    ④引き手。



    詳しい作り方はコチラへ
    【型紙あり】❝本革❞を使って「引手」を作って見よう【ハンドメイド】

    ココがポイント

    ・カン付けは、小さいパーツですが、一番大切なパーツです。経年変化による伸びが起きないよう補強しましょう。

    ・カン付けも引き手もコーナーのヘリ返しは、ゴツゴツしてしまいます。少し漉いて均等の厚みにしてあげると仕上がりが綺麗です。


    胴をつくる

    ①モモ(カン付け)を付けてミシン掛を掛けます。


    ②パイピングに革を巻いて、胴に仮止めします。

    パイピングの革の巻き方はコチラ
    【ハンドメイド】パイピンの付け方

    ココがポイント

    コーナーはパイピンを巻いた革を少しカットすると綺麗に回ります


    横マチ・底マチを作る

    ①横マチ上下芯ヘリをします


    ②底マチは芯を貼って、底鋲の穴を開けておきましょう。
    底鋲を先に付けても回る位置ですので、先に鋲を付けても大丈夫です。
    先に付けても後で付けても問題ありません。


    天マチを作る

    ①縫い


    ②割る


    ③芯を付けます


    ④口元をヘリ返します


    ⑤ファスナーと天マチを付けます


    天・横・底を繋げます

    ①天マチと横マチを繋げます


    ②ミシン掛けます


    ③横マチと底マチを付けてミシン掛けます。

    ココがポイント

    付ける順番は決まりはないです。付けやすい方で繋げていきましょう。


    胴とマチを繋げる

    ①胴とマチを繋げる


    ②底鋲を付けて表地の完成です。


    縫製(裏地)

    次に内装を作っていきましょう。

    ①裏地のファスナーポケット・貼りポケットを付けます


    ②天マチ左右から繋げます。縫い割りをして7mmヘリ返し。


    ③次に前後で繋げてミシン掛け

    ココがポイント

    型紙を見てほしいのですが、前後に繋げる所の上側斜めに斜線はいっています。そこはカットしておいてください


    ④割り


    ⑤先をヘリ返しする


    ⑥底マチヘリ返し後天マチと繋げます


    ⑦胴とマチを繋げます


    まとめ

    表に裏地を落とし込んでミシン掛けをします


    ココがポイント

    ここがこのバッグ一番の重要ポイントです。最後に裏地を付けるので、影になって見辛くなりますが、ファスナーのラインを正確に貼ります。でないと裏地落ちます。


    丸手を最後に付けます。


    完成

    それではYou Tubeの動画も上げているので、よかったら見てください。

    You Tube動画「Free pattern【No.23】 Make a handbag from pig leather 豚革のハンドバッグを作ります「型紙無料公開」


    You Tubeで撮影した型紙PDFやバッグをベイスにて販売しています

    【You Tube撮影】と頭に付いているものが撮影で作った商品です。
    また通常販売の物もあります。
    それは価格が違うので、お間違いのないよう確認してご購入お願いします。
    また、有料の型紙データダウンロードサービスも随時追加予定です。















    ブログランキング

    皆様のクリックが私の励みになります。

    PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
    にほんブログ村

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Y2工房-Bag craftsman-

    カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

    -バックの作り方
    -,

    © 2021 Y2工房-Bag craftsman- Powered by AFFINGER5