パーツの作り方シリーズ

バッグ職人が作る「ファスナー額」の作り方【ハンドメイド】

値段が少し上がるとファスナー回りに革が付いているのをよく見かけます。

レザーがポイントに付いているとカッコよさが増します。

もちろん、ただ革を貼り付けているだけではありません。


今回はバック職人が作る「ファスナー額」の作り方を紹介します



工程:160mm F額

  • 荒断ち・割
  • 本裁
  • ニスとバフ

※F:ファスナー

ファスナー額の作り方

ファスナーの額は大体決まっていて大きく2種類です。
角があるか角が丸いがどちらかです。今回紹介する額は角を取ってみました。

工程:荒断・割

荒断ちとは、少し大きめに裁断した生地や芯のことです。
何故荒断ちをするのかと言うと、下貼りをした(複数枚の生地や芯を貼り合わせる)後、綺麗に裁断をしたいからです。
本裁した物を綺麗に貼り合わせると大きくなればなるほど、必ずズレができますよね。そのためです。

■荒断ち50mm×210mmです。厚み150mm割りを入れます。


■ゴムのりをかすらず、シッカリ塗り芯と生地を貼り合わせます。


■ローラーでシッカリ押さえましょう。
ここで芯と生地に空気は入っていたら、シッカリゴムのりを塗った意味がありません。

工程:本裁

貼り込みが終わると次に本裁です。
■吟ぺん(銀ペン)で型を書いてから抜いてもいいです。

工程:ニスとバフ

■ニスは下塗りと仕上げは分けると綺麗に仕上がります
お好みにしてみてください。

■ちょっとした事ですが、額の裏もニスを塗ります。
裏貼りの芯が隙間から見える時があるので、私はぬっております。

■バフは目が荒い物細かい物色々ありす。2種類位あれば良いと思います。
最終的には紙ペーパーが一番綺麗に仕上がると思います。

完成です。

You Tube動画「ファスナー額の作り方」




You Tubeで撮影したバッグやパーツをベイスにて格安で販売しています

【You Tube撮影】と頭に付いているものが撮影で作った商品です。

また通常販売の物もあります。

それは価格が違うので、お間違いのないよう確認してご購入お願いします。



ワンポイントアドバイス

バフは1回で仕上がりが納得いかなければ2回かけてみてください。
同様ニスも1度塗りより2度塗りの方が綺麗に仕上がります。

ブログランキング

皆様のクリックが私の励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Y2工房

カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

-パーツの作り方シリーズ
-

© 2020 Y2工房 Powered by AFFINGER5