パーツの作り方シリーズ

「ハンドメイド」革ハギ芯の芯材処理方法「DIY」「切り取り線」

ヘリ返しをする時、ヘリ返しをする為の芯を大体使います

その芯がかさばって、ゴワゴワしたり、アタリがでてシワの原因になったり、コーナーが回り辛くなったり、

寸歩が合わなくなったり、色々と問題がでて、バッグの形がズレたりします。

今悩んでおられるのでしたら、1度試してみてください。

もしかしたら問題が解決するかもしれません

私が作るバッグは、縫製工場で経験して来た事ですが、工場によって作り方に違いがあり

各職人によっても作る工程が違ったり、拘る所も違います。

なので「この職人さんってこんな作り方するんだ。と、へーへー」程度に思っていただけたらと思います。


今回はかばん職人が「革ハギ芯の芯材処理方法」を紹介します


工程

  • ミシンの調整
  • 切り取り線

実際You Tubeの動画に合わせて解説をしたいと思います。

ミシンの調整をする

①まずは、上糸の天秤に糸が通っていると糸が上下に暴れるので、天秤まで抜いておきましょう。


②次に下糸を拔きます。


③ダイヤルでピッチの変更をします。数字が低いほど、細かく数字が大きいほど荒くなります。


④ピッチの確認をしてみましょう。
実際の芯材だと分かりにくいので、地券紙でどれくらいのピッチなのか見てみましょう。


切り取り線を入れた時、直ぐにポロッと取れる位だと細かすぎで、引っ張っても取れないと荒すぎです。それだと作業にならないので、少し引っ張ったら取れるくらいがベストなのと、芯材にあったピッチで調整してください。


切り取り線をいれる

①切り取り線を入れます。このサイトでは青のラインに切り取り線をいれています。私は大体10ミリから15ミリでいれています。


②切り取り線を入れたら先にヘリ返しをします。


③ヘリ返しをしてから芯材を取り除きます。


④最後に胴に貼りってミシン掛けです。



今回のこの記事はNo35bagを例に上げております。

【No.35】「ハンドメイド」シュリンクレザーでミニボストンバッグの作り方「レザーバッグ」

続きを見る

それではYou Tubeの動画も上げているので、よかったら見てください。

How to treat the core material of the Corner leather "Cut line" "DIY" / 革ハギの芯材処理の方法「切り取り線」「ハンドメイド」


You Tubeで撮影した型紙PDFやバッグをベイスにて販売しています

【You Tube撮影】と頭に付いているものが撮影で作った商品です。
また通常販売の物もあります。
それは価格が違うので、お間違いのないよう確認してご購入お願いします。
また、有料の型紙データダウンロードサービスも随時追加予定です。















Y2工房You Tubeサイト

型紙無料ダウンロード(Pattern download)

ホームに戻る(Home)

お問い合わせ (Inquiry)

プロフィール詳細(Profile)

ブログランキング

皆様のクリックが私の励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Y2工房-Bag craftsman-

カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

-パーツの作り方シリーズ
-,

© 2021 Y2工房-Bag craftsman- Powered by AFFINGER5