〇〇の使い方・やり方シリーズ

押さえのテンションの変更・調整のし方【ミシンの調整】

革が厚くてミシンがうまく掛けれない、モーターが止まってしまう

針が折れる等、見るところは沢山あります。

消去法で1つ1つ見ていきましょう。

左右の革の厚みが段になっていたりすると、力の加わり方が変わってしまいます

いくらパワーがあるミシンと言えど機械ですので、状況によって調整してあげる必要があります


今回はバック職人「押さえのテンションの調整のし方を」を紹介します。


  • テンションの変え方
  • 押さえが変わると糸調子が変わる

押さえのテンションを変える

■外押さえを落としたい場合

今外押さえが上がっています。


ボルトを緩めると外押さえが落ちます。代わりに中押さえが上がります。


中押さえが上がりすぎたと思ったら、中押さえ少し浮かして、ボルトを緩めます。
感覚は触って覚えてください。

外押さえを変えると糸の調子がかわります

基本ボビンを変えたり、押さえを変えると調子は変わります
変えたらいきなり商品にミシンをかけるのでなく、ちゃんとチェックをしてから
本縫いをしましょう。

You Tube動画「押さえのテンションの変え方」


You Tubeで撮影したバッグやパーツをベイスにて格安で販売しています

【You Tube撮影】と頭に付いているものが撮影で作った商品です。

また通常販売の物もあります。

それは価格が違うので、お間違いのないよう確認してご購入お願いします。



ワンポイントアドバイス

ここの調整は知っておいた方がいいです。



ブログランキング

皆様のクリックが私の励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Y2工房-Bag craftsman-

カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

-〇〇の使い方・やり方シリーズ
-,

© 2021 Y2工房-Bag craftsman- Powered by AFFINGER5