〇〇の使い方・やり方シリーズ

カマとはなんぞ??【型紙】

バッグを作る時は、地券紙などの少し厚めの紙で型紙をおこします。

その時によく耳にする「カマ」

そのカマとはいったい何?


今回はバック職人が「カマについて」を説明をします。



カマとは

■カマとは、印の事です。ヘリ返しの位置や、ミシンを掛ける時の寸法を間違えると
どこかで合わなくなります。
2Dから3Dになる時にカマを確認しながらミシンを掛けていきます。
そのカマがズレれてしまうと、変形したバッグになります。
革や厚物のバッグ作りでは、マチ針を使わないので、カマがないと命取りとなります。
付け忘れの無いように気を付けましょう。


■半分に折ってセンターを取り、対象にしてカマを付けましょう。
もしも、右が1mm上がって、左が1mm下がっていたら、誤差2mmです。
場所によっては分かりづらい所なら問題ありませんが、ちょっと歪みが・・・って気づいちゃう所もあります。
ですので、センターは大切です。



You Tube動画「上糸と下糸のミシンの調整ボビン編」


You Tubeで撮影したバッグやパーツをベイスにて格安で販売しています

【You Tube撮影】と頭に付いているものが撮影で作った商品です。

また通常販売の物もあります。

それは価格が違うので、お間違いのないよう確認してご購入お願いします。



ワンポイントアドバイス

分からなくなったら、実寸の寸法を確認しましょう。



ブログランキング

皆様のクリックが私の励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Y2工房-Bag craftsman-

カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

-〇〇の使い方・やり方シリーズ
-

© 2021 Y2工房-Bag craftsman- Powered by AFFINGER5