バックを作ってみよう

巾着ショルダーバックの作り方「裏地編」【ハンドメイド】

バックは胴があって底があればバックらしくなり、そこに持ち手やショルダーを付けると立派なショルダーバックです。

今回私が扱う具材は革ではありませんが、革で包むと書いて「鞄(かばん)」と読みます。

もう少しイメージしやすい例をだすと

「バケツ」です。どうでしょう。イメージ湧きましたか?

思ったよりも巾着はとても簡単で作りやすいバックですので、皆さんも一緒に作ってみましょう。

 

You Tubeの動画へは目次からどうぞ

工程:巾着ショルダーバック裏地

  • ファスナーポケット縫い付け
  • 脇縫い
  • 底縫い
  • 口元バインダー巻

巾着ショルダーバックの作り方

胴にファスナーポケット付けた所までの工程は前回やってます。

今回初めて来られた人、又は作り方を忘れた人は、一旦戻って帰ってきて貰えると嬉しいです。

裏地ファアスナーポケットの作り方【ハンドメイド】

裏地ポケットの作り方【ハンドメイド】

 

 

 

脇縫い

今回はヘリ返ししません。一番上から3目返しして、終わりも3目返しします。

底縫い

底縫いグルリ一周ミシンを掛けます。一番大切なのは、胴の「カマ」と底マチの「カマ」を合わさないと段々ズレて最後サイズが合わなくなります。

気を付ける点は

  • 「カマ」まで来たら次の「カマ」のチェックと調整
  • 胴の真っ直ぐな所は引っ張ったりしないで自然にミシンをかけましょう。
  • 調整はコーナー

 

背胴の真ん中からスタートしましょう。


第一コーナー

この時に横マチのセンターと第2コーナーの入り口のカマのチェックです。

問題なければ自然にミシンを掛けましょう。


第二コーナー

前胴のセンターのチェックですが、ここは少々のズレなら自然にミシンを掛けます。

もし少しズレがあれば第3コーナーで調整しながら進みましょう。


最後のコーナーは、正直この時点でズレがあると問題です。

ですので、チェックは第三コーナー超えて横マチくらいから最後までの寸法があっているか確認しましょう

調整は最後のコーナーになります。

 

胴口元バイダー巻

裏地の胴にワンポイントアクセントにバインダーを巻きます

テープが足りない場合の繋ぎ方も説明します。

テープを「くの字」に重ねて赤ラインのようにミシンを掛けます。


次に縫い割りをするとテープの繋ぐ事ができます。

バインダーですので斜めにしなくても良いですが、そこは作り手の拘りでしょうか。


次に5ミリ幅で捨てミシンを掛けます。これは、ヘリ返しの印になるので歪まないように掛けましょう。


テープ全体にゴムのりを塗ります。塗ったらミシン目に沿ってヘリ返しをしていきます。


次に胴の口元にもゴムのりをぬります。


胴の(黒い生地)口元を巻き込む感じに折っていきます。


こんな感じです。最後にローラーもしくは奴床・金槌でしっかり貼っておきましょう

ここまでどうでしたか?

You Tube動画【巾着ショルダーバック「裏地」の作り方】


You Tubeで撮影したバッグやパーツをベイスにて格安で販売しています

【You Tube撮影】と頭に付いているものが撮影で作った商品です。

また通常販売の物もあります。

それは価格が違うので、お間違いのないよう確認してご購入お願いします。




 

ワンポイントアドバイス

2枚の生地を重ねてミシンを掛ける時、送り歯に引っ張られます。その対処を覚えるのがポイントです。

 

ブログランキング

皆様のクリックが私の励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Y2工房

カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

-バックを作ってみよう
-

© 2020 Y2工房 Powered by AFFINGER5