バックの作り方

【No.30】オイルレザーでハンドバッグ作り方「ハンドメイド」「メイキング」「あおりポケット付き」

今回のハンドバッグもあおりポケット付きハンドバッグを作りたいと思います

ここの所横長が続いていたので、今回は縦長にしてみようと思います。

私が作るバッグは縫製工場で経験して来た事ですが、工場によって作り方に違いがあり

各職人によって作る工程が違ったり、拘る所も違います。

なので「この職人さんってこんな作り方するんだ。と、へーへー」程度に思っていただけたらと思います。


今回はかばん職人が「オイルレザーのハンドバッグ」を紹介します


工程

  • 裁断・漉き
  • 縫製-表地
  • 縫製-裏地
  • まとめ

用意する具材

  • 表裏の生地
  • 芯材
  • ファスナー3号*3
  • ハドメ*4
  • 底鋲*4
  • 半丸カシメ*4
  • マグネット*1
  • 型紙
  • 型紙を購入希望は下のリンクからどうぞ。

    有料版PDF型紙ダウンロード/Paid PDF download

    裁断・漉き

    実際You Tubeの動画に合わせて解説をしたいと思います。

    ①裁断をする

    型紙通りに裁断をしても革が伸びたりすが、なるべく型紙通りに裁断をします。
    一番大事なのは「カマ」印の位置です。少しのズレが積み重なって大きな歪みになったりします。


    ココがポイント

    実際私も作って確認をしていますが、場所によって1mmの誤差で厳しくなることもあります。例えばファスナーの額5番なら14mmで図面設計していますが、プリントアウトすると13mmだったりします。12mmになると厳しくなるので、確認をしてください。


    ②漉きをする

    漉きは、場所によって漉く厚みや幅が変わって来ます。
    これは、作業をしやすいように、また完成した時の見栄えを良くするために行います。


    縫製-表地

    胴を作る

    ①ポケットから作っていきましょう。芯を貼ってカットラインを切ります
    枠の中心を切る感じ >ーー< この様にカットします

    ポケット枠の漉きの入れ方はコチラ


    ②枠内を芯ヘリをします


    ③ポケットカバー両端ヘリ返しをします。
    この時にポケットの長さに合わせてください。短くなりすぎないようにしましょう。


    ④次に上と下を貼り合わせて半分に折ります。


    ⑤カバーをポケット枠に貼ります


    ⑥ミシンを掛けるラインに目打ちで印を打ちます。

    ココがポイント

    2mm幅でミシンを掛けるなら2mmの所で、3mmで縫うなら3mmで、必ずミシンを掛ける幅で印をいれましょう。間違えると目打ちで印をした穴が丸見えのままになり、裏地のポケットのステッチが落ちてしまう可能性があります。


    ⑦裏地の袋を目打ちで付けた印を目印にして、3mmでステッチをするので3mm上に貼ります。
    表も裏も同じ幅でミシンを掛けるよう意識します。


    ⑧ミシンを掛けます

    パイピンを付ける

    ①ハイゼットともいいまして、パイプ芯に革を巻く所からいきましょう。
    手で巻くのもありですが、私はミシンでやっています。


    ②巻けたら胴に仮止めしていきます。コーナーは少しカットするとキレイにコーナーができます。


    隠しマグネットを付ける

    ①マグネットを指定の位置に置きます。


    ②その上に芯を軽く貼ります。


    ③表に向けてからしっかり貼りマグネットの周りをキメていきます。


    ④ベロの裏側にも同じくマグネットを付けて芯を貼りキメます


    ⑤胴とベロのマグネット回りをミシン掛けます。



    ⑥ベロは、表裏貼り合わせてミシンを掛けます


    ⑦胴両端を少し残して口元のヘリ返しをしておきます。


    ⑧背胴にベロを付けます。


    横マチを作る

    ①縫い割りをします。


    ②横マチ芯を付けます


    底マチを作る

    ①底の生地に芯を貼ります。


    ②ヘリ返しをし、底鋲をつけるなら穴を開けておきます。


    横と底を繋ぐ

    横と底をつないで、ミシンを掛けます。




    胴とマチを繋ぐ

    ①パイピンを踏まないように胴とマチをミシン掛けます。


    ②横マチの口元のヘリ返しをします


    ひっくり返して表はおわり。

    縫製-裏地を作る

    裏地の胴を作る

    ①ファスナーポケット作ります


    ②両端を少し残して口元のヘリ返しをします。


    仕切りポケットを作る

    ①ファスナーに尻止を付けてミシンを掛けます。


    ②裏地仕切りポケットの生地が8枚あるので、全部口元ヘリ返しをして、ファスナーの表裏に貼り合わせます。


    ③ミシンを掛けます。


    ④横マチ2種類の底になる方を縫います。


    ⑤横マチセンターと仕切りポケットを仮止めします。

    ココがポイント

    仮止めなので5mm以下でミシンをかけましょう。


    ⑥横マチセンターと横マチアオリ側を繋げます。


    ⑦胴と横マチを繋げる。


    ⑧端の処理を行います。割ってヘリ返しです。


    まとめ

    ①表地と裏地をまとめて口元にミシンを掛けます。


    ②ハトメを付けるのに好みのサイズの穴を開けます。
    ここでは、14mmのポンチを使っています


    ③ハトメを付けます。


    ④手を止めます。

    完成

    それではYou Tubeの動画も上げているので、よかったら見てください。

    【No.30】Make a handbag with oil leather オイルレザーでハンドバッグ作ります。「ハンドメイド」「メイキング」「あおりポケット付き」


    You Tubeで撮影した型紙PDFやバッグをベイスにて販売しています

    【You Tube撮影】と頭に付いているものが撮影で作った商品です。
    また通常販売の物もあります。
    それは価格が違うので、お間違いのないよう確認してご購入お願いします。
    また、有料の型紙データダウンロードサービスも随時追加予定です。















    Y2工房You Tubeサイト

    型紙無料ダウンロード

    ホームに戻る

    お問い合わせ

    プロフィール詳細

    ブログランキング

    皆様のクリックが私の励みになります。

    PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
    にほんブログ村

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Y2工房-Bag craftsman-

    カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

    -バックの作り方
    -,

    © 2021 Y2工房-Bag craftsman- Powered by AFFINGER5