〇〇の使い方・やり方シリーズ

「直線」「曲線」のヘリ返しのやり方「角」「菊寄せ」

バッグを作る基礎中の基礎が「ヘリ返し」になります。
ヘリ返しでも「角」や、曲線の「山側」「谷側」の場所によって返し方が違ったりします。
ここでは、3点を記事したいと思います。

私が作るバッグは縫製工場で経験して来た事ですが、工場によって作り方に違いがあり

各職人によって作る工程が違ったり、拘る所も違います。

なので「この職人さんってこんな作り方するんだ。と、へーへー」程度に思っていただけたらと思います。


今回はかばん職人が「ヘリ返しのやり方」を紹介します


工程

  • 直線と角
  • 曲線-谷側・山側(菊寄せ)

直線と角

実際You Tubeの動画に合わせて解説をしたいと思います。

①角をカットします。その時ほんの少し残します。
「ほんの少し残す」ここは結構重要です。


②角を先にヘリ返します。
イメージ的に角を先に返して、縦と横で被せる感じです。


③直線のヘリ返しをする時は、作業台の端を使うので、芯材と作業台の面を合わせてヘリ返しをします。
ペコペコ返すと波が出るので「スーッ」と返すイメージです。


曲線-谷側・山側(菊寄せ)

①谷側のヘリ返し
ヘリ返す時、革が突っ張るので少しカットします。

ココがポイント

返した時に切り口が見えない幅を確認しましょう。


②山側の「菊寄せ」はピンセットを使ってヘリ返しをします。


③菊寄せの場合は包み込むので、革がゴツゴツしてしまいます。
ヘリ返しをすると言うことは、相方がいると言うことですので、貼り合わせてミシンを掛けます。
菊寄せの所だけゴツゴツしていると見栄えが悪くなるので、一定の厚みに合わせてあげます。

ココがポイント

厚物のバッグの場合、ここの工程は必要で、しないとミシンを掛けるとき、ミシン針がしなって裏のステッチが蛇行してしまう事があります。ひと手間加えて漉く事をオススメします。


いかがでしたでしょうか。

それではYou Tubeの動画も上げているので、よかったら見てください。

"wrap" "Straight line" "Curve" How to Bagged edge へり返しのやり方「直線」「角」「菊寄せ」


You Tubeで撮影した型紙PDFやバッグをベイスにて販売しています

【You Tube撮影】と頭に付いているものが撮影で作った商品です。
また通常販売の物もあります。
それは価格が違うので、お間違いのないよう確認してご購入お願いします。
また、有料の型紙データダウンロードサービスも随時追加予定です。















Y2工房You Tubeサイト

型紙無料ダウンロード

ホームに戻る

お問い合わせ

プロフィール詳細

ブログランキング

皆様のクリックが私の励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Y2工房-Bag craftsman-

カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

-〇〇の使い方・やり方シリーズ
-

© 2021 Y2工房-Bag craftsman- Powered by AFFINGER5