バックを作ってみよう

トートバックの作り方③完結【ハンドメイド】

トートバックの作り方最終話になります。

前回のおさらい

「持ち手」を付けて「脇縫い・つまみ」をして落とし込める状態まで持っていきましたね。

今回の「トートバックの作り方③」の工程は次の通りです。

工程

  • マトメ
  • 仕上げ

 

工程:「マトメ」

表地と裏地を貼る時にテープを使います。

「表地」に貼るか、「裏地」に貼るか迷う人がいたら、結論からいいますと、どちらでも良いと思います。

どちらが貼りやすいかで良いかと思います。ただ共通して言えることは、テープやゴムのり、ボンドは隠れる所に貼り又は塗る事

ポイントに書いてある通りテープはただ「A」と「B」を貼り合わせる為だけではありません。印としても使いますので片隅にでもいいので覚えていて下さい。

ミシンを掛ける時、テープの上を乗らないように考えてマトメましょう。

マトメたら次はステッチです。

今回は腕ミシンを使います。

最後は合わないと判断した時は、手動で合わせましょう。

底を閉じましょう

工程:「仕上げ」

ステッチや手やファスナーなど、今までやってきた工程のチェックをします。

 

 

Y2ショップ

続きを見る

 

You Tube「トートバックの作り方③」


You Tubeで撮影したバッグやパーツをベイスにて格安で販売しています

【You Tube撮影】と頭に付いているものが撮影で作った商品です。

また通常販売の物もあります。

それは価格が違うので、お間違いのないよう確認してご購入お願いします。



ワンポイントアドバイス

 底を最後まで塞がなかった理由が分かりましたね。

バックは工程を誤ると後々苦しくなるので、最初は工程表を作るといいです。

ブログランキング

皆様のクリックが私の励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Y2工房

カバン職人が作るバックの作り方やパーツの作り方・道具の使い方など紹介します。または販売もしています。 1つ1つの工程を大切に、1人1人の出会いに感謝し、一歩一歩進んで行ける事に日々幸せを感じております。

-バックを作ってみよう
-

© 2021 Y2工房 Powered by AFFINGER5